> 

仕様・特長

【高島ちぢみ】
地元滋賀県高島市に江戸時代から伝わる日本の伝統と智恵が凝縮された上質な素材
特徴
■「吸収性・速乾性に優れ」
■「肌への接触が少なく、べたつきや蒸れを抑え」
■「お肌にも優しい」
日本の高温多湿な気候にピッタリな素材です。
生地にシボと呼ばれる凹凸が沢山あり※画像参照
織り込まれているよこ糸は極限まで撚りを加えたハイツイスト(強撚)糸で、
普通の撚りの2倍以上
このシボとハイツイストのコラボレーションにより、
通常平織りでは実現できない高い伸縮性を生み出し生地の風合い・着心地をよくしています。
一度着てみると本当に軽くて・着心地が良く手放せないアイテムになること間違いなしです!
【ぴっけ】
高島ちぢみの中でも最もオシャレな風合いの生地で、一見編み物のような見た目も特徴的。生地には細かな抑揚加工が施されており生地の特性を活かしながら風合いにもこだわった作りとなっております。
また今回の生地はメーカーと何度も打ち合わせをし完成したMELUMOの別注規格であり透け感・色・風合いなどすべてをこだわりぬき発注した素材です。
<>
<>
<>
<>
<>
<>
<>
<>
<>
大同印刷は、クオリティの高い製品をご提供!

肌触りがいい コットン100%キャメルの薄手ガウンコート -jiotvforpc.org

肌触りがいい コットン100%キャメルの薄手ガウンコート -jiotvforpc.org

肌触りがいい コットン100%キャメルの薄手ガウンコート -jiotvforpc.org

 用語 坪量
カテゴリ紙

【坪量】

紙は数枚であれば重さはほとんどありません。
紙が束になると、重量が増します。
例えばコピー用紙1枚なら重さを感じませんが、束で購入すると重く感じます。
印刷会社は用紙を販売する会社から印刷用紙を購入しますが、売買の際には紙の重さが必要です。
印刷会社が購入する紙の量は非常に多くなるため、一定の単位を設定することで、売買をしやすくしているのです。

紙の重さを図る単位には坪量と連量があります。
坪量は用紙1平方メートル当たりの重さを指します。
連量とは1000枚または100枚単位の重さを表します。
紙の厚さは1枚1枚がとても薄いので、これらの単位を用いて取引できるようにしました。
科学技術が発展途上にあった時代から紙が取引できたのはこれらの単位があったからです。

■ 概略図

肌触りがいい コットン100%キャメルの薄手ガウンコート -jiotvforpc.org

お気軽にお問い合わせください tel 06-6934-2121 受付時間 9:00 - 18:00 [ 土・日・祝日除く ]

オリジナルメモ帳    ..
pagetop
大阪市鶴見区鶴見4-6-4
06-6934-2121
Copyright ©肌触りがいい コットン100%キャメルの薄手ガウンコート -jiotvforpc.org All Rights Reserved. 大同印刷株式会社 all rights reserved .
powered by wordpress & bizvektor theme by vektor,inc. technology..
{daidoprinting.co.jp}